2005年12月30日

ブロウ

ブロウ


ブロウ
  • スタジオ: タキコーポレーション


  • 価格: ¥ 3,990


  • 発売日: 2002/05/24


  • 売上ランキング: 2,225


  • おすすめ度 4




アメリカで、コカインを爆発的に広めたある一人の男のノンフィクション。



彼は最初はマリファナをこそこそと売っていたが、やがて
見込まれて、でかいビジネスに携わるようになり、
一度は莫大な金を手に入れ、美しい妻を手に入れる。
そして、娘が出来た時に、彼はやっと本当に大事なものに気づき、
生活を改めるのだが、時既に遅し。
昔の仲間や妻に裏切られ、最後は刑務所での余生となる。



刑務所で一人過ごす彼の姿に愕然とした。
これが実話で、彼が刑務所でいまだに一人でいるかと思うと、涙が出た。
実話だからこその重み。生きるというのはなんて残酷なことなんだろう。
いくら改心したところで、過去の自分はついてくるのだ。永遠に。



本当に後味の悪い映画。ジョニーはかっこいいから、救いだった。

posted by ざれこ at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | タイトル別−は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パイレーツ・オブ・カリビアン

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション


パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション
  • スタジオ: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント


  • 価格: ¥ 1,500


  • 発売日: 2005/12/21


  • おすすめ度 5




わははは。ジョニー最強やな。
これでアカデミー主演男優にノミネートされてしまうあたり
ますます惚れるわ。よりによってこの役でノミネートされなくてもさー
しかし「ジョニー・デップ初の3枚目役」的なこと言われてたけど
「スリーピーホロウ」も「ドンファン」も「エドウッド」も3枚目とちゃうの?



いやあ、ジョニー満喫ですよ。
どうでもいいけどキムタクがスマスマで物まねしてて
そのあとで映画を観たので妙に似ていて笑えた。

続きを読む
posted by ざれこ at 00:44| Comment(0) | TrackBack(2) | タイトル別−は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション
世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション
  • スタジオ: 東宝
  • 価格: ¥ 3,990
  • 発売日: 2004/12/23
  • 売上ランキング: 2,399
  • おすすめ度 3.45


出遅れました。原作もだいぶあとに読んだんですが、映画もDVD化されて
長澤まさみが女優賞をとりまくった後に観ることになりました。
もう名場面なんか見まくってるし先入観入りまくりです。
私の興味はほんの少し、「原作にはない現在の設定はどうなってるのか」
「柴咲コウ、あんたは誰だよ」そこくらいにしかありませんでした。

続きを読む
posted by ざれこ at 16:58| Comment(0) | TrackBack(1) | タイトル別−さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

呪怨2

呪怨2 劇場版 デラックス版
呪怨2 劇場版 デラックス版
  • スタジオ: ジェネオン エンタテインメント
  • 価格: ¥ 2,500
  • 発売日: 2005/01/26
  • おすすめ度 3.44


これ見る前に間違えてビデオ版の「呪怨2」借りてしまいまして、
仕方がないので観てみました。
ビデオ版の方は劇場版の前の話のようで、
無名の俳優さんばかりでしたが低予算ならではの陰気さがみられ、
それはそれで怖かったです。
正直劇場版より怖かったかも。



って、今回の感想は劇場版「呪怨2」の方です。話それました。

続きを読む
タグ:清水祟
posted by ざれこ at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | タイトル別−さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

呪怨

呪怨 劇場版 デラックス版


呪怨 劇場版 デラックス版
  • スタジオ: ジェネオン エンタテインメント


  • 価格: ¥ 2,500


  • 発売日: 2005/01/26


  • 売上ランキング: 14,315


  • おすすめ度 2.33




えーっと、テレビで見た映画なんで普通感想とかあまり書かないんだけど。



なんつうんだろ、幽霊自体はけっこうちゃちだし、アップになったら
「白塗りやなあ」って笑えるし、ストーリーはわけわからないし、
のろわれた家に行ったらいきなり何か出てきて皆見境なくのろわれて、
って最後までわからないまま襲われっぱなしで終わってしまって、
それでも私はちゃんと怖かったです。

続きを読む
タグ:清水祟
posted by ざれこ at 16:53| Comment(1) | TrackBack(1) | タイトル別−さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

13階段

13階段
13階段
  • スタジオ: ポニーキャニオン
  • 価格: ¥ 4,935
  • 発売日: 2003/09/05
  • 売上ランキング: 8,589
  • おすすめ度 3.36


原作を読んで翌日にこれを観る羽目になりました。
先に原作を読んでいた連れが「作者がこの映画気に入らないって
言ってんだって。あとがきに書いてた。だから観たい」などと言い出し、
だから私もあわてて原作を読み映画に挑んだわけです。
まあけっこう悪趣味な見方ではあります。

続きを読む
posted by ざれこ at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | タイトル別−さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スペーストラベラーズ

スペーストラベラーズ
スペーストラベラーズ
  • スタジオ: アミューズソフトエンタテインメント
  • 価格: ¥ 3,129
  • 発売日: 2005/08/03
  • 売上ランキング: 16,303
  • おすすめ度 3.5


邦画は安藤政信が出てるのをよく観てました・・。
今度はアニメ好きの銀行強盗の役。



フジテレビが作った映画って感じだった。キャストも構成も何もかも。
別にいいんだけど。気軽に楽しめるし。



銀行強盗に入った先で、強盗と人質が仲良くなってしまって、
アニメ「スペーストラベラーズ」のキャラクターに扮しておおはしゃぎ。
皆で夢を語り合ったりして、なんだかしんみりしてしまうのだが、
さてどうなることやら。



平凡に生きていくはずの人たちが、突然ぶつかった大事件で、
なくしてたものを思い出したり、自分に自信をつけたりする。
皆、私も、そういう場に巡り合わないから、何かを忘れて平凡に、
ただ生きていくのだな、なんて思ったりして。
銀行強盗には遭いたくないし、そういうきっかけを探すのではなくて、
日常、平凡の中で、大事なことは探していくものかな。
なんてことをふと考えた。

posted by ざれこ at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | タイトル別−さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦国自衛隊1549

戦国自衛隊1549 標準装備版 (初回限定生産)


戦国自衛隊1549 標準装備版 (初回限定生産)
  • スタジオ: 角川エンタテインメント


  • 価格: ¥ 3,192 (20% OFF)


  • 発売日: 2005/12/22


  • 売上ランキング: 336


  • おすすめ度 2.88




「戦国自衛隊」のほうをつい最近見て予習?済、
すごく楽しみに観にいきました。
えーっと、端的に感想を言ってしまうと初代「戦国自衛隊」の方が
私は好きです。以上。



って、終わってどうするよ。



自衛隊を退官して現在居酒屋を経営している鹿島、突然現役自衛隊員の訪問を受け、
上司だった的場が現在タイムスリップして戦国時代にいると知らされる。
2年前、富士山周辺の磁場が歪んで、地面ごと飛ばされてしまったのだ。
当時と同じ状況が再現できるため、彼らを救出するため助けてくれと
頼まれた鹿島は、偶然タイムスリップしてきた斉藤道三の家来、
飯沼七兵衛の訪問を受けたりし、決意を固める。
そしてタイムスリップした先では、突然の敵の襲撃。
的場はどこにいるのか?

続きを読む
タグ:鈴木京香
posted by ざれこ at 16:45| Comment(0) | TrackBack(1) | タイトル別−さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦国自衛隊

戦国自衛隊


戦国自衛隊
  • スタジオ: 角川エンタテインメント


  • 価格: ¥ 4,935


  • 発売日: 2000/08/25


  • 売上ランキング: 4,010


  • おすすめ度 4.4




「戦国自衛隊1549」前売鑑賞券を購入。
で、その勢いで原点を見ておこうと、昔のやつを借りてきた。
ちょうど「1549」の公開間際で、新しくDVDが出回り、
簡単に借りることが出来た。いい感じ。



さて、・・・いやあすごい映画だ。ある意味。B級感にも溢れながらも
ストーリーも面白く、アクションやらキャスティングやら堪能できる。

続きを読む
タグ:真田広之
posted by ざれこ at 16:29| Comment(0) | TrackBack(1) | タイトル別−さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たそがれ清兵衛

たそがれ清兵衛


たそがれ清兵衛
  • スタジオ: 松竹


  • 価格: ¥ 3,990


  • 発売日: 2005/04/28


  • おすすめ度 4.38




妻に先立たれ、年老いた母と娘二人を抱えた清兵衛は、
毎日お勤めが終わると誰の誘いも断って帰ることから、
同僚に「たそがれ清兵衛」と呼ばれていた。
しかし、彼の友人の妹で幼馴染の朋江の元夫と、ふとしたことから
決闘することになり、そこで清兵衛の並々ならぬ剣の腕前が世間に知れてしまう。
そして清兵衛は命がけの藩命を受けることになり、
その日、清兵衛は朋江に髪を梳いてもらう・・・・・

続きを読む
posted by ざれこ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | タイトル別−た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。