2007年02月22日

どろろ

手塚治虫の原作が大好きで何度も読んでいたのだが、それを映像化するというので
びっくりするというか笑ってしまった。無理やんね、普通。
だって、戦国時代(と思われる)に妖怪に身体の部分をほとんど全部取られた百鬼丸が、
拾ってもらった人に身体作ってもらうんだけどさ、確か木で作ってたと思うのよ、原作は。
木の人間をどうやって映像化?って素で不思議やったし、どろろって原作では子どもやのに
柴咲コウがやるっていうし、それにあまた出てくる魑魅魍魎もどうするんだ、みたいな。
どう映像化するのか、その一点だけが私の関心事で、でもまあ妻夫木くんだし、
観てもいいかな、と思って映画館まで。私はもともとB級映画が好きなのだ。
「SHINOBI」と同じ匂いがぷんぷんしてたけど、まあいいや、と思って。

続きを読む
posted by ざれこ at 14:57| Comment(20) | TrackBack(1) | タイトル別−た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

チャーリーとチョコレート工場

チャーリーとチョコレート工場
チャーリーとチョコレート工場
  • アーチスト: ジョニー・デップ
  • 価格: ¥ 1,350 (10% OFF)
  • 発売日: 2006/10/06
  • 売上ランキング: 122


チャーリーの家はとっても貧乏。近所のバカでかいチョコレート工場が
大好きで、模型を作ったり、昔働いていたおじいちゃんに話を聞いたりしてる。
おじいちゃんたち従業員は今、誰もいないという、謎の工場。
でも、買ったチョコレートに金のチケットが入っているラッキーな5人は、
その工場に入れるらしいが?チョコを滅多に買えないチャーリーは、
工場に行けるだろうか?そして謎の工場の中にあるものは・・・

続きを読む
posted by ざれこ at 01:56| Comment(2) | TrackBack(1) | タイトル別−た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

東京タワー

東京タワー 通常版


東京タワー 通常版
  • 価格: ¥ 5,040


  • 発売日: 2005/07/21


  • 売上ランキング: 19075


  • おすすめ度 3.5








「東京タワー オカンとボクと時々オトン」の映画化も決定しましたが(オダギリ主演って。
樹木希林って。観る気なかったのに観てしまうじゃないか)、
そっちじゃなくて、江國香織の「東京タワー」の映画化したやつ。



江國香織の本を映画化するってすごい冒険やと思う。
だって、何も起こらないことが多いもん。不倫だのいろいろしてたりしても、
ただずっとその状況のまま人々は過ごし、ちょっと心が波立ったりしても
また凪いでいって、っていう変化はあるけれど、人物達は日常的に過ごしていて、
感情が高ぶることもない。ドラマがないのだ。
文章にすると、ひたひたと迫り来る不安とか切実さとかを感じて、
読むと読者の心はそれなりに波立つ。のだが、映画だとそれをどこまで表現できるのか。



だって、ほとんど何も起こらない映画って、ねえ。

続きを読む
posted by ざれこ at 02:06| Comment(2) | TrackBack(4) | タイトル別−た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

大停電の夜に

大停電の夜に スペシャル・エディション (初回限定生産)


大停電の夜に スペシャル・エディション (初回限定生産)
  • アーチスト: 豊川悦司


  • 価格: ¥ 3,668 (26% OFF)


  • 発売日: 2006/05/12


  • 売上ランキング: 603


  • おすすめ度 5.0






クリスマスイブ、東京。こない人を待ってひっそりと営業を続けるジャズバーの最後の日、
そして、東京に住む人たちがいつもどおりのクリスマスイブを過ごし、
NASAはいつもどおりサンタクロースを追跡するはずの、そんなイブの日、
東京で大停電が発生する。電気が全て消え、エレベーターは止まり、地下鉄も止まり、
大渋滞が起こる中、人々のドラマは動き始める。
「こんな日だからこそ、できることもあるんじゃない?」そんな一夜の物語。

続きを読む
posted by ざれこ at 01:31| Comment(1) | TrackBack(1) | タイトル別−た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

電車男

電車男 スタンダード・エディション


電車男 スタンダード・エディション
  • アーチスト: 山田孝之


  • 発売元: 東宝


  • 価格: ¥ 3,990


  • 発売日: 2005/12/09


  • 売上ランキング: 6358


  • おすすめ度 2.22




原作は読んでる(まとめサイトも読んだし)けど、実写で見たのは初めてかも。
ドラマもほんの少し見た程度だったから。へえ、実写だとすごいなあ。新鮮。



山田孝之が演技してるのをまともにみたのも初めてだったんだけど、
何ですか、きもいんですけど。
あんなに顔綺麗なのに、完全にオタクになりきってて、びっくりした。

続きを読む
posted by ざれこ at 00:40| Comment(0) | TrackBack(1) | タイトル別−た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

ダ・ヴィンチ・コード

えっと、まず私の状況から説明すると、原作はつい最近読んだところです。
かなり細かく覚えてます。
そんな状況で観ました。2時間半の長丁場なので、プレミアシートでポップコーンつき。



見てる間はなんの疑問も感じず、面白く感じてました。
原作で長々とある薀蓄部分がすべてカットされ、人物達はさくさくと暗号を解き、
さくさくと動いていきます。原作で長いなと感じてた部分が早回しになった感があり、
こちらもストレスなしに見ることができました。
原作もそもそもがハリウッド的派手な展開なので、原作の深遠さを損なうとか、
そういう感じでもないわけです。薀蓄が確かに映画では少なすぎるんだけど、
まあ、原作は長すぎたしなあ。一長一短?くらいの感じで見てました。

続きを読む
posted by ざれこ at 23:46| Comment(4) | TrackBack(6) | タイトル別−た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

父と暮せば

父と暮せば 通常版


父と暮せば 通常版
  • アーチスト: 宮沢りえ


  • 価格: ¥ 3,990


  • 発売日: 2005/06/24


  • 売上ランキング: 3,998


  • おすすめ度 4.67




どこかにも書いたと思うけど、私の誕生日は8月6日。
広島に原爆が落ちた日だ。
だからか、小学校とかで見せられた戦争映画とか、
あまり他人事でない感じがして、熱心に見ていた、つもりだし、
誕生日の日の朝には黙祷もしていた。



でも、この映画観て思った。やっぱり、わからないんだな。
戦後産まれの私には、なんにもわかっちゃいないんだ、と。

続きを読む
posted by ざれこ at 02:58| Comment(1) | TrackBack(1) | タイトル別−た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

たそがれ清兵衛

たそがれ清兵衛


たそがれ清兵衛
  • スタジオ: 松竹


  • 価格: ¥ 3,990


  • 発売日: 2005/04/28


  • おすすめ度 4.38




妻に先立たれ、年老いた母と娘二人を抱えた清兵衛は、
毎日お勤めが終わると誰の誘いも断って帰ることから、
同僚に「たそがれ清兵衛」と呼ばれていた。
しかし、彼の友人の妹で幼馴染の朋江の元夫と、ふとしたことから
決闘することになり、そこで清兵衛の並々ならぬ剣の腕前が世間に知れてしまう。
そして清兵衛は命がけの藩命を受けることになり、
その日、清兵衛は朋江に髪を梳いてもらう・・・・・

続きを読む
posted by ざれこ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | タイトル別−た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Dolls

Dolls [ドールズ]


Dolls [ドールズ]
  • スタジオ: バンダイビジュアル


  • 価格: ¥ 5,250


  • 発売日: 2003/03/28


  • 売上ランキング: 15,950


  • おすすめ度 3.43




北野武の映画を観るのは実は初めてだ。
なんか、ヤクザがどんぱちやってて「痛そう」なイメージがあったからで、
でもこの映画ならそんなに痛くないかも、と思って見てみたらとんでもなかった。
痛いシーンはないが、ものすごく「痛い」映画だった。



主役2人の男女は、赤い紐を結んでずっとひたすら歩き続ける。
彼女達が何故そういうことになったのか、その経緯は哀しすぎるので
ここでは書かないが、女が男を思う気持ちが昂じて昂じて、また男も
それに応えて、そして二人は歩き続けるのだ。ずっとひたすら。
信じられないような美しい衣装を着て、日本の原風景の中。
海や、山や、紅葉や、雪や。その美しい色彩。
恐ろしく、狂気の淵で観る夢のように、キレイな色彩だった。

続きを読む
posted by ざれこ at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | タイトル別−た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

茶の味

茶の味 グッドテイスト・エディション


茶の味 グッドテイスト・エディション
  • スタジオ: レントラックジャパン


  • 価格: ¥ 4,935


  • 発売日: 2005/02/25


  • 売上ランキング: 2,151


  • おすすめ度 4.53




田舎の町に住む春野家の物語。



いきなり中学生のハジメが失恋し、ハジメの額から電車が出てきます。
そして妹の巨大な分身が突然現れたり、なんだこれは、な状況を
やさしいナレーションが解説してくれます。
ずっと「なんだろうこれは」と不思議な感覚で見ていて、
最初はちょっと眠かったのですが、おじさんのハルノが出てきて、
寺島進演じるヤクザとの絡みが出てきたあたりで大爆笑、
そこらあたりから目が離せなくなっていました。

続きを読む
posted by ざれこ at 03:15| Comment(0) | TrackBack(2) | タイトル別−た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドライブ

ドライブ (通常パッケージ)
ドライブ (通常パッケージ)
  • スタジオ: ジェネオン エンタテインメント
  • 価格: ¥ 4,935
  • 発売日: 2003/02/21
  • 売上ランキング: 17,588
  • おすすめ度 3.67


頭痛もちのくそ真面目なサラリーマン、朝倉は、ある日信号待ちでキレイな女の子に
見とれていたら、車を強盗3人組に乗っ取られる。
包丁で脅されても、彼は法定速度を守り続ける。
おかげで強盗3人は裏切り者を取り逃がすが、裏切り者は地面の穴に車のキーを落とし、
手を突っ込んだら抜けなくなってしまっていた・・・

続きを読む
posted by ざれこ at 03:12| Comment(0) | TrackBack(0) | タイトル別−た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

誰も知らない

誰も知らない


誰も知らない
  • スタジオ: バンダイビジュアル


  • 価格: ¥ 3,990


  • 発売日: 2005/03/11


  • 売上ランキング: 5,674


  • おすすめ度 4.35




うえーん。見終わって声を上げて泣いてしまいました。うえーん。



新しい家に引っ越してきた母と子供、近所に挨拶に回るときは
母と長男二人なのに、引越し荷物のスーツケースに子供が2人、
電車で来た長女が一人、計4人子供がいます。
でも彼らは学校も行かず家を出ることもできず、世間から隠されていて、
長男だけが買い物に出かけたりご飯を作ったりして兄弟の面倒をみている。
そんな中、母は新しい男を作って帰ってこなくなり、兄弟4人だけの
生活が始まる・・・

続きを読む
posted by ざれこ at 16:31| Comment(1) | TrackBack(2) | タイトル別−た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

タクシードライバー

タクシードライバー コレクターズ・エディション
タクシードライバー コレクターズ・エディション
  • スタジオ: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 価格: ¥ 1,782 (10% OFF)
  • 発売日: 2005/12/16
  • おすすめ度 5


ケーブルテレビでやってたんで思わず再度観ましたわ。
前回だいぶ前にみて「とりあえずやな気分になった」記憶だけはあったんだけど、
最初のオープニング映像と気だるくジャジーな音楽に騙され
これってもしかしてオシャレな映画だったっけ?と騙されかけたのですが、
そんなはずはなく。いやあ、やっぱりやな気分になりましたです。

続きを読む
posted by ざれこ at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | タイトル別−た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

閉ざされた森

閉ざされた森 コレクターズ・エディション


閉ざされた森 コレクターズ・エディション
  • スタジオ: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


  • 価格: ¥ 2,000


  • 発売日: 2005/06/22


  • おすすめ度 2.5




嵐の中で訓練をしたレンジャー部隊が森で消息を絶った。
その後彼らが撃ち合いをしているのが目撃され、生き残った2人の隊士が証言をはじめた。
しかしその証言はことごとく食い違い・・・
真実はどこに?森の中で何があったのか?
そのレンジャー部隊では鬼軍曹ウエストが仕切っていて、彼は隊士をしごきたおし
圧倒的に恐ろしい存在として描かれる。でも軍曹は殺された、誰に?
軍を追われた男が捜査に呼ばれ、担当の女性軍人と対立しつつ捜査をすすめるが。

続きを読む
posted by ざれこ at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | タイトル別−た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テルマ&ルイーズ

テルマ&ルイーズ
テルマ&ルイーズ
  • スタジオ: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 価格: ¥ 2,079
  • 発売日: 2005/02/04
  • 売上ランキング: 5,872
  • おすすめ度 5


グランドキャニオンがとても雄大だった。劇場で見たらさぞすごかろう。



さて、女二人の逃亡劇である。正当防衛で人を殺してしまった女2人が、逃げる。むちゃむちゃ逃げる。
逃げる女2人とも、むちゃくちゃかっこいい。
平凡で男に弱い主婦テルマと、つらい過去を持ちつつ自立して独身を謳歌するルイーズ。
2人は逃げることで新たな自分を見つけ、ますます強くなっていく。
最後らへんなんか、ええぞ、もっとやれって感じである。
しかしその「強さ」は、女であるがゆえに無意識に虐げられてきたからこそのものだ。
弱くて亭主のいいなりだった主婦テルマの変貌ぶりを見れば、
(普段はえんえん泣いてるくせに、土壇場ではルイーズより強い。)それは明らかだ。
それを考えると少し切なくもなった。
最後は、ほろり、と切なく、でも爽快だ。拍手を送りたい。



あの二人は結局どこへ行ったんだろう?



ブラッド・ピットがつまらない役で出ている。
ここに出てくる男たちは、彼女たち2人の踏み台にすぎない。皆情けなく、愛しい。

posted by ざれこ at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | タイトル別−た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トゥルーマン・ショー

トゥルーマン・ショー
トゥルーマン・ショー
  • スタジオ: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • 価格: ¥ 1,575
  • 発売日: 2005/10/21
  • 売上ランキング: 1,102
  • おすすめ度 4


「自分の人生が、世界中に放映されて皆に見られていたらどうする?」
これはつまりそういう映画である。
主人公トゥルーマン、普通の保険営業マン。毎日を普通に生活している。
そんな普通の人生でも、「本物」であれば充分見世物になりうるのか?
激動のシナリオより、平穏なリアリティの方が本当に面白いのか?



もしもこんな私の生活が全世界で見られていたなら。と考える。
確かに、2、3年に一度は面白い時もあるかもしれない。でもこの毎日が面白いとは思えないし、
こんな自堕落な生活を人に見られていたらそれこそ即、自殺ものだ。
それでもやっぱりリアリティは面白いのか?
私は毎日、気付かないだけで面白おかしく生きてるのかもしれない。
なんてことを考えるとちょっと愉快にもなった。



トゥルーマンの人生はでも、TVに作られた偽者の人生。さて彼はそこから抜け出せるのか?
衝撃のラストシーン。最後は笑い泣き。
観終って、今はとても爽快だ。

posted by ざれこ at 00:52| Comment(0) | TrackBack(2) | タイトル別−た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チョコレート

チョコレート
チョコレート
  • スタジオ: 日活
  • 価格: ¥ 3,990
  • 発売日: 2003/02/21
  • 売上ランキング: 6,563
  • おすすめ度 4.12


原題は「Monsters ball」、死刑執行の前の日に行うパーティ、のことだそうだ。
なんかそういう暗いタイトルの方が似合う。暗いよ。この映画は暗い。



黒人差別主義者の看守、ハンクと、彼が死刑を執行した男の妻、レティシア。
看守の息子は父と分かり合えないため自殺してしまい、
夫をなくしたばかりのレティシアも、息子があっけなく車に轢かれて死んでしまう。
その瀕死の息子を助けようとしてハンクとレティシアは出会い、お互いの孤独を埋めていく・・・

続きを読む
posted by ざれこ at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | タイトル別−た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大統領の理髪師

大統領の理髪師
  • スタジオ: ビデオメーカー


  • 価格: ¥ 4,935


  • 発売日: 2005/08/05


  • おすすめ度 4.62




公式サイト



東京に出張し、空いた時間でまだ大阪で公開されてないちょっとマイナーだけど
いい感じの映画を観にいってやるという野望を果たした。長年の夢だったのだ。
この「大統領の理髪師」がbunkamuraル・シネマで公開されてると知って、
私はほくそえんだ。長年の夢がかなうのだ。ミニシアターで映画先取り。
なんだかおしゃれだ。



という、わりと不純な動機で観にいった映画が大当たり。
すっごいよかった。いいものにあたった??、とすごいいい気分だった。

続きを読む
posted by ざれこ at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | タイトル別−た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダンサー・イン・ザ・ダーク

ダンサー・イン・ザ・ダーク


ダンサー・イン・ザ・ダーク
  • スタジオ: 松竹


  • 発売日: 2004/11/25


  • 売上ランキング: 4,407


  • おすすめ度 3.95




ビョーク主演。ビョークってこの映画を観るまで私は知らなかったんだけど、
今はアルバム3枚持ってる。彼女の歌声、とっても独特で切実、すごくいい。

目に持病を持ったセルマ、大好きなミュージカルの練習をしつつも、
工場で働いて息子の目を治すためにこつこつお金を貯めている。
だんだん視力が落ち、工場勤務もままならなくなり、更に悲劇が・・・

映画は無音で、台詞のみで延々と続く。なんでこんなに静かなんだ?と
思っていたら、突然セルマの白昼夢。そこでは楽しいミュージカルがはじまる。
その明るい踊りと音楽、喧騒のあとにはセルマの現実が横たわる。また無音。
そのギャップがとても辛いです。辛すぎ。

それでも、セルマの白昼夢は、どんなときでも、いつも明るく、
セルマは夢の中では本当に楽しそうに、輝かしく歌っているのです。
希望を失わずに。それには本当に勇気づけられました。

ラストは号泣。くー、泣いたなあ。

posted by ざれこ at 00:43| Comment(0) | TrackBack(1) | タイトル別−た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

トニー滝谷

トニー滝谷 プレミアム・エディション


スタジオ: ジェネオン エンタテインメント
価格: ¥ 3,948 (20% OFF)
発売日: 2005/09/22
売上ランキング: 185




公式サイト



この映画ができたことはだいぶ前から知っていて、
いつ公開されるんだろう、ってずっと気になってた。すごく観たかった。
村上春樹の世界観、そして宮沢りえ。
どうするんだ。どうなるんだ。すごく気になっていた。
やっと観れた、それだけでもう嬉しかった。

続きを読む
posted by ざれこ at 10:55| Comment(3) | TrackBack(2) | タイトル別−た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。