2006年09月05日

SHINOBI

SHINOBI
SHINOBI
  • アーチスト: 仲間由紀恵
  • 価格: ¥ 2,573 (26% OFF)
  • 発売日: 2006/02/18
  • 売上ランキング: 1666
  • おすすめ度 3.0


オダギリファンの知り合いが観にいって、
「浜崎の歌以外は、全然あかんかった」というすごい感想を
持って帰ってきたので、逆に気になってしまって、つい見てしまった。
だって、浜崎の歌しか褒めるところがないなんてさ・・・・

個人的には椎名桔平が300年も生きてる化け物役をやってる、ってんで、
それがすごく楽しみで見た。あと、B級映画を愛する私は、
くだらない映画だったらくだらないなりに楽しめる自信があったのだ。
変な自信だけど。膝を打って笑い転げる気で見たんだけど・・

関が原の合戦が終わり、豊臣政権が終焉を迎えたころ。
戦乱の世が終わり、忍の者たちは自らの存在価値に疑問を感じつつ生きている。
しかし、伊賀と甲賀はやはり争っていて、家康は彼らの不仲を利用して、
脅威の忍者勢力を潰そうともくろむ。
双方の頭領の孫、朧と弦之介は愛し合っていて、いつか太平の世がきたら
ともに暮らそう、と約束していたが、魔の手は迫ってきていた・・・

・・・・案外出来のいい映画だ。
話の筋はわかりやすく、脚本もちゃんとしていて、無駄もなく、
ほどよく戦いシーンは入ってるし、感動シーンは入ってるし、
映像は綺麗だし、・・・と、わりとけなすところがなかった。
逆に物足りないじゃないか。

けなすつもりで観た私はちょっと、拍子抜けだったかも。
ストーリーはくだらないんだけど、わかりやすいし、
ちゃんとまとまってるんだよなあ。こじんまりと。
で、映像がけっこう綺麗だったんで、それでかなり目の保養になったりとかして。
もっとけなせるかと思ったアクションシーンも、映像の美しさとかで観れるし。
オダギリが殺戮しまくったシーンで、飛ぶオダギリが月をバックに
影になるところとか、「おお、はまった!」みたいな妙な感動があったしなあ。
とにかく映像綺麗だったな。

言い方を変えれば、B級にもA級にもなりきれない、中途半端な出来ばえの映画?
・・・これって全然褒めてないよな。そんな風にも思えるけれど。

そりゃまあね、突っ込むところは多々あったよ。
まず、全くやる気の感じられないオダギリジョーがおもしろかったし。
朧への愛が全然感じられなかったのだけど・・。
「ゆれる」の主演俳優と同じ人とは到底思えない演技だったな。やる気ないよな。
多分彼は椎名桔平のやってた役がやりたかったに違いないな。
なんて思ってしまった。仲間由紀恵は、まあ普段と変わらず・・・。
まあ、この二人がいきなり愛し合ってたのは不満でした。出会いから、
「ああ、いけません、私は伊賀であなたは甲賀」「いいではないか」
みたいな(ベタな)葛藤、そしてちょっとエロなシーン、と
サービス満点でいってくれるのかと思ってたのに、そこらへん全部省略、
なのが拍子抜けでした。

椎名桔平は、期待は裏切らなかったなあ。
でも、「嗤う伊右衛門」ほどのキレっぷりではなかったので、少し残念。
しかし、こんな役ばかりしてますよね、この人。好きだけど。

黒谷友香は個人的に好きなのでいい感じでした。妖艶な役がはまってました。
今回この人だけが役者として株を上げたような気もします。
あとは沢尻エリカも実は出てるんだけど、・・・ま、初々しくていいか。

で、忍者だから技を出しまくりなんだけど、なんつうか・・・、
熟練の技というより、もう化け物レベルの人たちばかりで、
そこらへんの技の競演はB級ファンとしてはいい感じだったかも。
椎名桔平不死身だし。で、一番弱そうな主役二人の術って、なにそれ、みたいな。
殺戮マシーンやんか君ら、みたいな。

まあ、そんな彼らが、太平の世で邪魔者扱いされてしまって、
今まで散々利用してた奴らもどうかと思うけど、彼ら自身も、
「俺らは戦うしか生きる道がない」と諦めてる節があって、
オダギリ曰く「運命は変えられる」っていうその意気込みとか、
時代を経ても変貌して生き延びようとするそのたくましさ、とか、
わかりやすい台詞で伝えてくれたような気がしました。
台詞がわかりやすすぎるのはまあ欠点ですけどね・・・。

ラストは嫌いだけど。実は。身を挺して里を守ろうとするその姿、
普通は泣けるのかもしれないが・・・。
どうせだったらあいつら皆殺しにしてやりな。
あんたらを利用した悪人どもを。ほら、ほら。
とずっと思っていたので。・・・・ひねくれてますかね。
そのくらいハードボイルドでもいいやんか、ねえ。

ま、全然褒めてませんけど、観るだけ無駄とまでは思いませんでした。
案外なかなか、楽しめたのかもしれません。
posted by ざれこ at 00:49| Comment(0) | TrackBack(4) | タイトル別−さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画『SHINOBI』(下山天監督)★★
Excerpt: >映画『SHINOBI』(下山天監督)★★ 忍者なのかΣ( ̄□ ̄;) これは、忍者なのかΣ( ̄□ ̄;) 超能力バトルではなく、 忍術バトルなのかΣ( ̄..
Weblog: AI-z「出田直正(nao)の一日。」
Tracked: 2006-09-09 09:32

椎名桔平 せっかく事務所を替えたのに…
Excerpt: 俳優の椎名桔平が頭を抱えている。「NEWS23」(TBS)の新キャスター・山本モナが不倫騒動を巻き起こしたおかげで、かつて噂になった自分の名前も再び取り上げられているからだ。
Weblog: 芸能人の真実にあいのり…
Tracked: 2006-10-20 02:49

SINOBI
Excerpt: SHINOBI 監督:下山天/出演:仲間由紀恵 オダギリジョー/2005年/101minstory伊賀・鍔隠れの党首・お幻の孫である朧と、甲賀・卍谷の党首・弾正の跡継ぎ・弦之介は、互いの身分を知ること..
Weblog: playtcafe*cinema*art*
Tracked: 2007-01-20 02:37

SHINOBI
Excerpt:  昨日の夜は、TVの金曜ロードショーで「SHINOBI」を観た。映画館でも一度観ているのだが、仲間由紀恵ファンなので、またまた見た次第である。かなり昔、たまたまテレビでやっていた「TRICK」で仲間由..
Weblog: 読書と時折の旅 (風と雲の郷本館)
Tracked: 2007-12-08 12:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。