2006年08月27日

アザーズ

アザーズ
アザーズ
  • アーチスト: ニコール・キッドマン
  • 価格: ¥ 2,625
  • 発売日: 2006/07/19
  • 売上ランキング: 2768
  • おすすめ度 4.5


イギリスの島にある大邸宅。そこに3人の使用人が雇われる。
雇い主は神経質な妻、夫は戦争に行ってしまい、二人の子供と暮らしている。
子供二人は、光にあててしまうと死んでしまうという難病のため、
家中にカーテンがかけられていた。その屋敷でだんだん、誰かの「気配」が
わかるようになってくる。誰の気配なのか?そして彼らと共存できるのか?

「流血なしのホラー」と聞いてましたが、これはほんま怖かった。
ニコールキッドマンの神経質ぶりが、更に怖さを増すのです。
彼女が美しい顔を蒼白にして本当に恐ろしそうにまわりを探すので、
観ている私まで怖くなってくる。
彼女の娘には見えるらしいのだが、「ビクター」という子供がいる家族、が
その家には住んでいて、姿は見えないがピアノを弾いたり、ドアをあけたり・・・

彼らの正体について話が進むうち、驚愕の事実が浮かび上がり、
それまでの風景はがらっと変わってしまう。
いやあ、そうくるか、と驚き、そしてそこからがまた、怖さ倍増です。
一瞬、芯まで震えましたな。怖くて哀しい。とてもとても哀しいです。

1940年代の設定なので、衣装といい屋敷といい音楽といい、何もかもが古くて、
古い映画を観ているようで、その雰囲気作りもこの脚本とえらくマッチしていて、
美しいニコールキッドマンがその雰囲気を更に盛り上げているし、
脚本もほんまよくできてて手に汗握るし、とにかく完成度高い作品でした。

一つ、私は無信心なので、あまりよくわからなかったのだけど、
主役の妻は聖書を深く信じていて、それを子供にも教えていたんだけど、
例えば聖書、キリスト教を深く深く信じるものにとって、
この映画は、特にこのラストは、どうなんだろう。
死生観が変わるんじゃないのかな。ものすごく、衝撃なのかな。
そういう風に理解できない自分がちょっともどかしかったりもしたし、
素で流して深く考えないで済むあたりは、ラッキーだと思ったり。
posted by ざれこ at 23:58| Comment(1) | TrackBack(2) | タイトル別−あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ども、達也です。

『アザーズ』観ました。タイトルから
薄々感じてはいましたが、
庭の墓と夫の帰還でチョッと揺らぎ、
その理由が、僕自身がグレース達を
生かしたかったからだと気付きました。
怖いより、とても悲しい映画でした。
光と空気、そして音の使い方が凄く
上手く、観客を引き付ける完成度の高い
映画だと思います。
それにしても、ニコールの古典的美しさは、見事です。

P.S トラバさせてくださいね。
Posted by TATSUYA at 2006年09月10日 12:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『アザーズ』は、怖いと言うより悲しい映画。
Excerpt: 分かっていても、認めたくない事実もある。 アザーズニコール・キッドマン (2006/07/19)ポニーキャニオン この商品の詳細を見る 最近すっかり『ニコール・キッドマン』好いてる達也で..
Weblog: TATSUYAのレンタル映画レビュー
Tracked: 2006-09-10 12:48

アザーズ/The Others(映画/DVD)
Excerpt: [アザーズ] ブログ村キーワードアザーズ(原題:The Others、Los Otros)キャッチコピー:その“存在(アザーズ)”が見えた時、全てが変わる。その恐怖に世界が戦慄..
Weblog: 映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評
Tracked: 2010-06-12 15:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。