2005年12月23日

木曜組曲

木曜組曲
木曜組曲
  • スタジオ: バンダイビジュアル
  • 価格: ¥ 3,990
  • 発売日: 2003/05/23
  • おすすめ度 4.62


我が家にケーブルテレビがつながって、
それで、映画がかなり気楽に観られるようになった。
ケーブルがつながった初日に、テレビ欄をみてふと目に付いたのがこの映画。
原作読んでるからそんなに観る気もなかったんだが、気楽に観てみた。

思ったのは「いやあ、やっぱり原作面白いよね」ってこと。
5人が一つのテーブルで美味いご飯を食べながらしゃべくりまくる、という
映画としてはかなり盛り上がりに欠ける展開なのに、ひっぱってったのは
まずは原作の魅力、かなと。
(原作、つまりストーリーの感想はこちらに書きました)
でも、その緊迫した状態を5人の女優達はうまく作っていたと思う。
やっぱり原田美枝子は圧巻だな、そして富田靖子もいい、とか思いつつ見ていた。



でもそれより何よりとにかくすごかったのは浅丘ルリ子。
彼女が登場した途端原田美枝子ですらかすむかすむ。
あとの女優たちは子供同然。
そんなにすごい女優とは知らなかった。圧倒的存在感、
そして圧倒的な演技。書けなくなった天才小説家の絶望とプライド、狂気、
それがびしばし伝わってきてもう怖いくらい。
彼女を観れただけでもこれは正解だなと思いました。



でも、やっぱりどうしても、映画にするには題材が地味かと思います。
絶対舞台の方がいいと思うんだよなー。
すごい女優6人そろえて、贅沢にやってほしいな。私は。



原作が今手元にないからはっきりいえないんだけど、
最後は原作と違ったように思う。
ほぼ原作に忠実なんだけど、ほんの少し、原作ではなかったシーンがあったような。
それが原作と少し違う味付けをしていました。
原作(今人に貸している)戻ってきたら最後読み直して味わいなおそうと思います。

posted by ざれこ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | タイトル別−ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。